ダイビングの思わぬトラブルになるかも!!自分に合ったマスクの選び方

こんばんは。 本日はダイビング器材の初級中の初級!

ダイビングマスクについてです。

マスクについてダイビングのトラブルの元!

きちんとしたマスクの選び方について!

顔にあっていないと思わぬトラブルに!?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイビングマスクは顔にあっているのが大前提です。

ここで言う合っているというのは、見た目のことで無く

しっかりと顔にフィットしているということです。

ってわかってるか(゜o゜)(笑)

さて、それでは顔に合っていないマスクを使用した場合どんなことになるのでしょうか?

ほとんどの場合、水中でジワジワとマスクの中に水が入ってきてしまいます。

その為ライセンス講習でみんなが大好きな??

マスククリア(マスクの中の水を出すこと)をしなければなりません。

それでも中にはマスククリアぐらいだったらいいか。

と思う人もいるかも知れません。少ないとは思いますが・・・

しかし、マスクの入水はときに視界が悪くなり

海中でグループから逸れて迷子になってしまったり

鼻から入水してしまってパニックになってしまう人もいます。

ダイビングマスクの種類

主にレジャーダイビングで使用されるダイビングマスクには

一眼タイプと二眼タイプがあります。

それぞれの特徴としては・・・
一眼タイプ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・1枚のレンズで構成されたマスク。
・顔とレンズの距離が違う。
・二眼レンズのように左右に仕切りがないので視界が広く見やすいと言われますが、最近のマスクは開発の進化により一眼タイプ・二眼タイプもかなり視界が広くなっています。
・マスク自体の容量が多いのでマスククリアには多めの空気が必要です。(といってもなかなか全水没することはありませんが・・・)
・レンズ部分が広いので顔の表情がしっかり見える。度付きレンズが使用できない。

二眼タイプ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・2枚のレンズで構成されたマスク
・一眼タイプのマスクよりもより近くで物を見ることが可能
・一眼タイプに比べマスク内の容量が少ないので比較的楽にマスククリアが可能
・度付きレンズを使用出来る。
・レンズ自体の違いはこんなところですね。

次はスカート部分の違いですね。

マスクのスカート部分とは直接顔にフィットする部分のことです。

殆どがシリコン製です。

そしてこのスカート部分の色によっても見え方、

見られ方が変わってきます。

色には透明・ブラック・ホワイトとあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
透明のシリコンは顔の表情がわかりやすく

視界も明るく見ることができます。

一眼タイプのマスクと合わせるとかなり顔が

はっきり綺麗に見えるので女性などに人気があります。

ブラックのシリコンはマスクの横から光が入りにくくカメラをやる方などに人気があり

他の色のシリコンに比べ汚れなども目立ちにくくなっています。

ただマスクの中に光が入ってこないので長時間マスクをしていると

マスクの形に日焼けしてしまう事があります。

白のシリコンは水中で目立つ色をしてるので
水中でもかなり目立ちます。

ただしっかりとしたメンテナンスをしないと色が変色したり、汚れてしまう場合があります。

実際にマスクを選んでみます!!
2015_pj_29

マスクの選び方は意外と楽ちんです。

まず、自分が一眼タイプが良いのか、

それとも二眼タイプが良いのかを決めましょう。

ここで度付きレンズが必要な方は必然的に二眼タイプになっていきます。

次に候補のマスクを実際に陸上で装着してみます。

このとき、マスクのストラップはしないでマスクの部分のみ顔に当てるようにしてみます。
2015_pj_04
顔にピッタリフィットしたら、そこから少し鼻で息を吸い込んでマスクが落下しなければオッケーです

このとき少し顔を横にブンブン振ったりしてみてもいいと思います。

最後に実際プールなどで付けてみましょう!

水中での見え方、フィット感など確認して最後にデザインを選んでいきます。

自分にあった器材で安全潜水!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイビング器材で一番トラブルが多いマスク。

しっかり自分にあったマスクを使用しないと思わぬトラブルになったり

他の方に迷惑をかけてしまったりすることがあります。

その為しっかりと実際にマスクを試着して自分の顔にフィットしてる事が大切です。

現在デザインも豊富にたくさんのマスクがございます。

是非自分にあったマスクで快適にダイビングを楽しみましょう!!

WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera