お役立ち情報

みんなはどっち派?スノーケルとシュノーケル

ダイビングの質問の中に
「スノーケル?シュノーケル?どっち??」
という質問がたまにあります。
勿論、こんな質問は命に係わることではありませんが、
質問をしている殆どの方は単に知りたいという興味からくるものです。

シュノーケル?スノーケル?どっち??

最初は興味が無かった人も少し興味が出てしまう内容ですね。
snorkel_snorkel

スノーケル・・・Snorkel(英)
シュノーケル・・Schnorchel(独)
WikipediaによるとSnorkelというのは英語、Schnorchelというのはドイツ語だそうです。
器材自体を呼ぶ分にはどちらでも良いようですね。
フムフム・・・
しかしながらスポーツとして呼ぶ場合は
ドイツ語の場合Schnorchelは名詞でも動詞でもあるけど
英語の動名詞を表す~ingが付くことは無いそうです。
日本で用いられている”シュノーケリング”というのは、
英語と日本語がごちゃ混ぜになってしまったのでシュノーケルよりもスノーケルが正しいという事になるそうです。
statue-of-liberty-267948_960_720

という事でスノーケルが1歩リードというかたちになっています。
実際僕も、海で水面で慌ててる人に
「スノーケルくわえてください~!」って言ってる。
シュの方が言いにくいし、多分噛む。

シュノーケル派がたくさん!?

ここまでは圧倒的にシュノーケル派よりもスノーケル派が有利。
しかし実際にはWeb上では約30倍のヒット率でシュノーケル派が多いのです。。。
という事はWeb上ではシュノーケル。
口頭ではスノーケル。

smartphone-1957740__340
コレが一番お利巧さんな方法ですね。
ちなみに我らがPADIさんは「スノーケル」でした・・・

ではスクーバダイビング?スキューバダイビング?


結果からしたらお察しのようにさっきと全く同じです。

スクーバは英語圏、スキューバはヨーロッパ圏だそうです。

そしてweb上でもおんなじ。
という事で口頭ではスクーバ。
Web上ではスキューバが1番お利巧さん。
というように外国から入ってきた物なので多少の違いはありますが
一つ共通していることは・・・

どっちも楽しいってこと~!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で今日もとってもお疲れ様でした。

ツアー予定と問い合わせ

 

▼ツアー、イベントカレンダーはこちら

tel
mail
line