お役立ち情報

海外では一般的!? エンリッチド・エア

エンリッチド・エア・スペシャリティー

日本でも徐々使用できるところが多くなってきたエンリッチド・エア。
海外ではすでに一般的になっております。

エンリッチド・エアって??

ざっくりというと酸素分圧が多い空気の事です。
空気は21%の酸素と約79%の窒素で構成されています。
しかしこのエンリッチド・エアはこの構成率を変え
酸素を21%より高めた空気を『エンリッチド・エア』と言います。
そして一番の目的は酸素の割合を上げることではなく、窒素の割合を下げることなのです。

メリット

水中では圧力の増加により窒素の影響が大きくなることはOW講習で学んだと思います。

そして水中で体内に溶け込んだ窒素は減圧症の原因とります、
ノンストップ時間内でのダイビングをするということは安全のうえ言うまでもありません。
エンリッチド・エアを利用すれば、通常の空気と比較して窒素の濃度が低いため、
同じ深度・同じ潜水時間で比較した場合、体内に残る窒素の量を抑えることができ、
減圧症のリスクが軽減されるというメリットがあります。

ですがエンリッチド・エアを使用しても、そのぶん長く潜ってしまっては結局体内にとどまる窒素を減らすことはできません。
しかし空気を使用した際の限界内であれば減圧症の可能性は減ります。
そのため安全意識の高いダイバーの中には空気用の潜水計画を立て、その範囲内でエンリッチド・エアを使用することで安全性を高めるダイバーもいます。
すばらしい~!!

エンリッチド・エアは肺の窒素分圧が低くなるため、
血液から肺にスムーズに窒素が排出されやすいというメリットもあります(特に浮上時)。上手にエンリッチド・エアを使用して安全にダイビングを楽しみましょう!

長時間ダイビングが安全に可能~☆

たとえば通常空気でのダイビングとエンリッチド・エアを使用したダイビングを
通常空気用のリクリエーション・ダイブ・プラナー(RDP)を使用して深度18mで計画した場合、1回のダイビングで最大56分の無限圧潜水時間が、エンリッチド・エアでは最大95分となります。

 このように長く潜れるようになるのは大きなメリットですが、
安全面を考えると積極的にお勧めできることではありません。
くれぐれも余裕を持った計画をたてて、
その範囲内でエンリッチド・エアを利用しましょう。
長く潜れるという認識よりも、安全マージンが増えたと考えれば良いことだと思います。

水面休息も短くなります。

ダイビングの間の水面休息時間においても、体内に吸収された窒素を排出する時間になりますが、通常の圧縮空気でのダイビングと比較すると、窒素の排出時間は短くなるため、実質の水面休息時間は短くなります。

 

もちろんデメリットも

エンリッチド・エア。
体にも負担が少なく、窒素もたまりにくいエンリッチド・エアですが使用方法など間違えたりすると命の危険もあります。

使用する時は必ず講習を受けてから使用しましょ~